学生さんは生協で聞いてみる

賃貸物件の情報収集のコツ

MENU

学生さんは生協で聞いてみる

進学をきっかけに一人暮らしをする方もいらっしゃいますが、
学生向けの物件はどのようにして探したらよいのでしょうか。

 

大学や専門学校では学校の生協や総務部などで
学生向けのアパートやマンションの紹介も行ってくれますので
そこを利用して賃貸物件を探すのもおすすめです。

 

学校で探してもらうメリットは、
学校から利便性の良い場所の物件が多いことと、同じ学校に通う友人を作りやすい点です。

 

進学で一人暮らしを始めるにあたって、
生活必需品や敷金、礼金といった費用がかかり、
両親に大きな負担をかけることになります。

 

それに加えて学校まで遠い場所に賃貸住宅を借りてしまうと、
交通費まで余計にかかってしまい不経済です。
学校から近い場所に家を借りることで、学校へも通いやすくなり交通費の削減にもなります。

 

また一人暮らしをしていると、全て自己責任になってしまうため、
学校に行くのが不便だと段々と学校に行くのが面倒になることがあります。

 

学校が紹介してくれる物件は、
今までにその学校の学生が多く入居してきた実績のある物件がほとんどです。
立地や間取りなども良い条件で出していますので、
ご両親も安心して子供を住まわせる環境が整っている物件が多いのです。

 

親元から離れて一人暮らしを始めたばかりの頃は、
まだ友人もおらず寂しい思いをすることもしばしばあります。

 

学校に通っていくうちに友人もできるのですが、
近くに同じ学校の友人が住んでいると何かと心強いです。

 

お互いの家を行き来したり、困ったときは助けを求めたり、
課題や試験勉強の相談をすることもできますので、
一人暮らしの寂しさや不安が解消されます。