賃貸物件の情報収集のコツ

賃貸物件の情報収集のコツ

MENU

まずは条件を決めることから

賃貸物件を探す時に、まずは賃貸物件の情報収集を行います。
賃貸物件も相当な物件数がありますので、しっかりと条件を絞り込んでから物件探しを行うことになります。

 

賃貸物件に求める条件は人それぞれ異なりますが、
まずは自分が望む条件をすべて書きだしてみましょう。
そしてその中で優先順位をつけていくことが物件選びを進めるのに役立ちます。

 

条件として重視するポイントの一つが、エリアです。
一人暮らしをする理由は、進学や就職のためという方が多いと思います。
それなら職場や学校に通いやすい場所を選んだほうが便利です。

 

またエリアを絞り込み過ぎてしまうと、
今度は気に入った物件を見つけることが難しくなりますので、
エリアもある程度幅を持たせておくと物件が探しやすくなります。

 

次に予算を決めておきましょう。
一か月の家賃が大体どの程度なら払えるのかを最初に決めておかなくてはいけません。

 

より良い条件の物件に決めようとすると家賃が上がってしまうことがあり、
無理して家賃の高い物件に決めてしまうと、生活が苦しくなります。
家賃は月収の3割程度に抑えておくのが望ましいと言われていますので、
学生の方は親からの仕送り、働いている方は自分の月収の範囲内で払える予算を組んで物件を探しましょう。

 

希望の間取りを決めておきましょう。
一人暮らしをする、家族で住むのによって必要な間取りが変わってきます。
どの程度の広さがあれば、現在持っている家財道具や荷物が置けて、
さらに十分な居住スペースが得られるのかを考えてみましょう。

 

東京都内でおしゃれなレンタルスペースをお探しならこちら

賃貸情報誌を活用する

賃貸情報を収集する方法としては、いろいろな手段がありますが、
住宅情報誌をチェックして物件を探す方法もあります。
住宅情報誌はコンビニやショッピングセンターに置かれていて無料で利用できます。

 

これらの情報誌はエリアごとに賃貸物件が分かれていますので、
希望エリアに該当するページから賃貸情報を収集することができます。

 

そこで気になった物件を扱っている不動産会社の情報が書かれていますので、
見学を希望する場合は不動産屋会社に連絡を取って詳しい情報を入手することができるのです。

 

またそのエリアの不動産を扱っている不動産会社の情報も入手できます。
賃貸物件を探しているエリアの不動産を扱っている不動産会社もいくつかあり、
それぞれの不動産会社によって扱っている物件が異なることもあります。
 

 

より多くの不動産会社から情報収集をしたほうがより良い物件が見つかりやすくなります。
賃貸情報誌には不動産会社の情報も多く載せられていますので、そこから不動産会社の情報を収集できます。

 

賃貸情報誌は無料でもらえますし手軽に情報を収集できるというメリットがありますが、
情報が古いと言うデメリットも持ち合わせています。

 

住宅情報誌の更新は1週間から2週間に一度程度であり、
物件の動きが目まぐるしくなる時期はすぐに物件が埋まってしまうことがよくあります。

 

それなので気に入った物件の問い合わせを不動産会社にしたところ、
既に満室になってしまっていることが少なくありません。

更新履歴